忍者ブログ
陰流の開祖であり、忍びの術の開祖でもある愛洲移香斎の物語です。
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

31.赤松日向守2






 肌寒い朝だった。

 太郎は政則の屋敷の庭で、政則の剣術師範、上原弥五郎を相手に木剣を構えていた。

 書院の縁側に腰掛け、政則が二人を見つめている。

 太郎は今朝、まだ、夜が明ける前から政則に付き合っていた。

 まだ暗い内に、仲居の松島が、お屋形様がお呼びだと太郎を起こしに来た。太郎は慌てて起きて、顔を洗うと松島の後に従った。

 庭に出ると政則が馬に乗って待っていた。供の侍が、もう一頭の馬を引いていた。政則は、太郎にその馬に乗れと言うと突然、駈け出した。太郎は馬に乗り、急いで後を追った。

 政則は大通りに出ると北へと向かった。すでに、大門は開いていた。

 大門を抜け、更に北へと走って行った。

 政則は速かった。

 夢前川に沿って、北へと休まずに進んだ。

 太郎は乗馬はあまり得意ではなかった。普通に乗れるという程度で、馬を全力で走らせた事はなかった。それでも、必死になって政則の後に付いて行った。

 二里近く走っただろうか、政則は止まり、河原へと降りて行った。

 太郎も後に従った。

「ここが、前之庄じゃ」と政則は言った。「そなたに、ここをやるつもりだったが、やめた。わしは毎朝、馬でここまで来る。ここなら、いつでも、姉上に会えると思っておったんじゃ」

「いつも、一人で、ここまで来るのですか」と太郎は聞いた。

「いや。今日は、そなたと二人だけで話がしたかったので、来るなと命じた」

「そうですか」

「銀山の事じゃが、どれ位の銀が取れるんじゃ」

「一千貫は取れるだろうとの事です」

「一千貫か‥‥‥」

「銭にして、十二万貫文位だそうです」

「よし。そなたを銀山奉行に命ずる」

「はっ、かしこまりました」太郎は頭を下げた。

「百太郎とか言ったな。なかなか、しっかりした子じゃな」

「はい、ありがとうございます」

「わしにもこの間、子供ができた。残念ながら女の子じゃった」

「そうですか‥‥‥」

 馬が二騎、近づいて来た。

「来るなと言ったのに、馬鹿な奴らだ」と政則は近づいて来る家来を見ながら言った。
PR
カウンター
ランキング
ブログ内検索
プロフィール
HN:
酔雲
HP:
性別:
男性
自己紹介:
歴史小説を書いています。
酔雲の著書












最新コメント
[11/16 tomo]
[11/05 上田義久]
[06/07 アメリカ留学]
[06/05 アメリカ留学]
[09/05 magazinn55]
[09/01 松戸悪人退治連盟]
[08/22 信楽人]
[08/22 酔雲]
[08/22 信楽人]
[08/22 信楽人]
最新トラックバック
バーコード
楽天市場
陰の流れのショッピング


アクセス解析
Copyright © 長編歴史小説 陰の流れ~愛洲移香斎 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]