忍者ブログ
陰流の開祖であり、忍びの術の開祖でもある愛洲移香斎の物語です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

伊勢新九郎(早雲)の略歴

 

 

1432年     備中の国、荏原荘に生まれる。 1歳
1449年 5月 風間小太郎(18)と一緒に故郷を出て、京の都に行く。 18歳
      10月 小太郎と別れ、京の伊勢貞高の家に居候する。 
1453年 春  小太郎(風眼坊)に呼ばれて、飯道山で修行する。 22歳
1454年 12月 飯道山を下りて京都に戻る。 23歳
1457年 春  伊勢貞高の世話で一族の娘を嫁に貰う。 26歳
1459年 2月 長女、生まれる。 28歳
1461年 7月 7年振りに、風眼坊と再会する。《寛正の大飢饉》 30歳
1464年 12月 足利義視の申次衆になる。 33歳
1465年 11月 日野富子、義尚を産む。 34歳
1467年 1月 応仁の乱、始まる。 36歳 
      8月 足利義視の供をして伊勢の国に下る。 
1468年 夏  義視の使いで京に行く途中、愛洲太郎(17)と曇天に会う。 37歳 
      9月 義視は京に戻るが、新九郎は伊勢に残る。 
1469年     新九郎の妹、駿河の国で長女を産む。 38歳
1470年     備中の国に帰ってから、京の家族のもとに戻る。 39歳
1471年 3月 再び、備中の国に行く。 40歳
          新九郎の妹、駿河の国で長男、竜王丸を産む。  
      5月 頭を丸め、早雲と号して旅に出る。 
1472年 6月 駿河に行き、今川義忠と妹の美和と出会う。 41歳 
      9月 長谷川法栄と出会い、小河荘に行き、石脇の地に早雲庵を構える。 
         ・富嶽と名乗る大道寺太郎と出会う。 
         ・荒木兵庫助という浪人と出会う。 
1474年 3月 早雲庵に、多米権兵衛が訪ねて来る。 43歳
         ・山賊退治。山賊の頭、在竹兵衛と出会う。  
      4月 早雲、山中才雲と富沢孫雲を連れ、鹿島香取に旅に出る。 
         ・太田資長(道灌)と出会う。 
1475年 3月 早雲、娘を嫁に出すため、京に戻る。富嶽も京都まで一緒に行く。 44歳 
      8月 薪村の酬恩庵に行き、一休と森女に会う  
      9月 飯道山に行き、風眼坊、栄意坊と再会する。 
          風眼坊、蓮崇と共に、百日行を始める(~12.19)。 
      12月 風眼坊らと共に、太郎のいる播磨に行く。 
1476年 1月 播磨で正月を迎え、風眼坊とお雪を連れて駿河に帰る。 45歳 
      2月 今川義忠(41)、一揆に討たれて戦死する。 
          今川家の家督争いが始まる。  
      6月 太田資長、今川家の調停のために駿河に来る。  
      9月 早雲と資長の活躍によって、竜王丸の家督が決まる。 
      10月 五条安次郎、早雲の紹介状を持って、一休禅師を訪ねる。 
1477年 8月 栄意坊、駿河に来る。 46歳 
      9月 応仁の乱、終わる。 

PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カウンター
ランキング
ブログ内検索
プロフィール
HN:
酔雲
HP:
性別:
男性
自己紹介:
歴史小説を書いています。
酔雲の著書












最新コメント
[11/16 tomo]
[11/05 上田義久]
[06/07 アメリカ留学]
[06/05 アメリカ留学]
[09/05 magazinn55]
[09/01 松戸悪人退治連盟]
[08/22 信楽人]
[08/22 酔雲]
[08/22 信楽人]
[08/22 信楽人]
最新トラックバック
バーコード
楽天市場
陰の流れのショッピング


アクセス解析
Copyright © 長編歴史小説 陰の流れ~愛洲移香斎 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]