忍者ブログ
陰流の開祖であり、忍びの術の開祖でもある愛洲移香斎の物語です。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

愛洲移香斎の略歴






1452年    伊勢の国、五ケ所浦にて水軍の大将、愛洲隼人正宗忠の長男に生まれる。1歳
         幼名は太郎。
1455年    弟、泰忠、生まれる。 4歳
1457年    妹、澪、生まれる。 6歳
1458年    太郎、武術を祖父、白峰より習い始める。 7歳
1461年    弟、直忠、生まれる。 10歳
1465年秋   太郎、木地師の娘、小春と出会う。 14歳
1466年春   元服、太郎左衛門久忠を名乗る。 15歳
     夏   初陣。
1467年1月   応仁の乱、始まる。 16歳
1468年夏   太郎、曇天と共に京都に旅立つ。 17歳
         太郎、旅の途中で、伊勢新九郎と出会う。
     秋   太郎、故郷に帰り、剣術の独り稽古を始める。
     冬   太郎、大峯の山伏、風眼坊舜香と出会い、剣術を習う。
1469年3月   太郎、風眼坊と共に五ケ所浦を去る。 18歳
         栄意坊、百地弥五郎と出会う。
     4月   太郎坊移香を名乗って山伏となり、飯道山で修行を始める。
         太郎坊、百日行をやる。
     7月   剣術師範代の金比羅坊と出会う。
         三雲、芥川、服部、望月三郎、応如と出会う。
     8月   天狗騒動。花養院の松恵尼、楓と出会う。
         五人の特訓、始まる。
     12月25日 稽古仕舞い。太郎、金比羅坊に勝つ。
         望月屋敷の襲撃。『天狗太郎と陰の五人衆』
1470年1月15日 稽古初め。太郎、高林坊と試合をして完敗。《不動明王の剣》 19歳
         太郎、独り稽古を始める。『高林坊の壁』
         書僧の弘景と出会う。
     1月20日 太郎、再び、百日行を始める。
         観音の滝を浴び、花養院で倒れる太郎、楓に看病してもらう。
     1月26日 改めて、百日行を始める。『高林坊の壁』『楓の影』
         85日目、師の風眼坊と出会う。《千手観音の手》
     5月8日 百日目、智羅天登場。
     5月9日 高林坊と立ち合い、引き分け。
         風眼坊、現れる。松恵尼の家で、太郎と楓の祝言。
     5月11日 太郎、智羅天の岩屋に籠もる。智羅天から『気合の術』『本草学』を学ぶ。
     11月12日 智羅天、死す。《命あるもの、すべての命を粗末にするな》
         ◇智羅天の形見、来国光二尺六寸。
     12月1日 太郎、修行者たちに『陰の術』を教える。
1471年1月11日 太郎と楓、新居で新年を迎える。 20歳
         剣術師範代、陰の術師範、先達山伏の役が付く。
     1月15日 新入り修行者を引き連れて、一ヶ月の山歩き。
     4月   太郎、楓を連れて、故郷五ケ所浦へ帰る。
         吉野の喜蔵院に智羅天作の仏像を納め、智羅天の別名が三好日向だと知る。
     夏   太郎、水軍として活躍。水軍の若者に剣術を教える。
     11月20日 飯道山へ向かう。25日より『陰の術』を教える。
1472年1月 御前試合。剣術の名を『陰流』と決める。 21歳 
          陸軍の勇者、池田長左衛門に勝ち、殿より名刀、応永備前を下賜される。
     3月 池田長左衛門一味を斬り、五ケ所浦を去る太郎と楓。
         多気の都で、町道場主の川島与三郎と倉田無為斉と出会う。
     3月29日 北畠教具の一年忌の法要。松恵尼と出会い、松恵尼の過去を知る。
     4月 百地砦で若者たちに『陰の術』を教える。百地弥五郎、栄意坊と再会。
     4月20日 太郎と楓、飯道山に戻る。
     4月22日 太郎、火山坊を名乗り、岩尾山で修行を始める。
     6月 岩尾山に偽天狗太郎が現れる。太郎坊を仇と狙う山崎五郎と出会う。
     7月22日 火山坊、岩尾山を下り、智羅天の岩屋にて独り工夫をする。
     9月末 火山坊のまま、飯道山に戻り、剣術師範代となる。
     11月11日 太郎の長男、百太郎生まれる。
     11月25日 天狗の面をして『志能便の術』を教える。
1473年1月14日 太郎、三好日向として、飯道山の市で木剣を売る。 22歳
         風間光一郎、宮田八郎、探真坊見山(山崎五郎)、飯道山に来る。
     1月16日 一ヶ月の山歩きが始まる。
     夏   太郎、酒に溺れるようになる。
     8月   太郎、夕顔と出会う。
     11月25日 天狗の面をして『志能便の術』教える。
     12月24日 風間光一郎、宮田八郎、探真坊見山、太郎の弟子にしてくれと言う。
1474年1月10日 太郎、風間光一郎、宮田八郎、探真坊見山の3人に百日行を命じる。 23歳
     1月16日 3人、新入り修行者たちと一緒に、百日行を始める。
     6月1日 太郎、大峯山に、風眼坊に会いに行く。
     7月   太郎、大峯山から帰って来ると、楓はいない。楓を捜しに旅立つ。
     8月   太郎、赤松家の武将となる。
     9月5日 太郎、領地の大河内庄に入る。
     10月15日 披露式典。松恵尼も来る。
     11月25日 八郎を連れて飯道山に行き『志能便の術』を教える。
1475年3月4日 長女百合生まれる。 24歳
     3月12日 探真坊、きくと祝言を挙げる。
     4月8日 太郎、但馬国に進撃、朝来郡を占領する。
     7月2日 きさ、次男千太郎を産む。
     8月4日 きさと子供を大河内城下に呼ぶ。
       14日 太郎の屋敷、完成する。
       20日 楓と子供を置塩城下から呼ぶ。甲賀から松恵尼も呼ぶ。
     10月6日 夢庵、宗祇に会いに近江甲賀柏木に行く。
     11月25日 光一郎を連れ飯道山に行き『志能便の術』を教える。
         風眼坊、早雲、夢庵と再会。慶覚坊の長男十郎と観智坊(蓮崇)と会う。
PR
この記事へのコメント
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

secret(※チェックを入れると管理者へのみの表示となります。)
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カウンター
ランキング
ブログ内検索
プロフィール
HN:
酔雲
HP:
性別:
男性
自己紹介:
歴史小説を書いています。
酔雲の著書












最新コメント
[11/16 tomo]
[11/05 上田義久]
[06/07 アメリカ留学]
[06/05 アメリカ留学]
[09/05 magazinn55]
[09/01 松戸悪人退治連盟]
[08/22 信楽人]
[08/22 酔雲]
[08/22 信楽人]
[08/22 信楽人]
最新トラックバック
バーコード
楽天市場
陰の流れのショッピング


アクセス解析
Copyright © 長編歴史小説 陰の流れ~愛洲移香斎 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]