忍者ブログ
陰流の開祖であり、忍びの術の開祖でもある愛洲移香斎の物語です。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1423年 奈良御門に住む村田検校の子として生まれる。幼名茂吉。 1歳
1433年 称名寺に入り、下僕となる。 11歳
1440年 称名寺の法林庵に住む。 18歳
1442年 破門となり、還俗する。 20歳
    諸所を放浪する。
1447年 京に出る。三条町に小庵《南星庵》を結ぶ。 25歳
1449年 足利義政(1435-1490)15歳で、8代将軍となる。 27歳
1452年 瞎驢庵の一休(1394-1481)の元で参禅する。 30歳
1455年 一休より休心珠光の号と圜悟禅師の墨蹟を頂く。 33歳
1456年 能阿弥(13971471)の弟子となり、立花と唐物の目利きを学ぶ。 34歳
1461年 志野次郎左衛門宗信(1441-1522)弟子となり、お香を学ぶ。 39歳
1463年 将軍義政の茶の湯師範となる。六条堀川西に数寄屋《休心庵》を構える。 41歳
1464年 ・夢庵(1443-1527.22)が弟子になる。 42歳
    ・伏見屋銭泡(1428-1505.37)が弟子になる。
1464年春 上洛した太田備中守(道灌)に茶の湯の指導をする。
    ・一路庵禅海(1416-1488.49)が弟子になる。
1465年 ・篠道耳(1445-1518.21)が弟子になる。 43歳
1465年春 上洛した今川義忠に茶の湯の指導をする。
1465年11月 足利義尚(1465-1489)生まれる。
1466年 ・石黒道提(1434-1497.33)が弟子になる。 44歳
1467年 応仁の乱始まる。奈良《香楽庵》に非難する。 45歳
   この頃、薪村の一休をよく訪ね、曾我蛇足(1416-)、金春禅竹と交わる。
    ・堺の会合衆、天王寺屋津田源次郎《宗柏》(1444-1527.24)が弟子になる。
    ・源次郎の従弟、鳥居新三郎《引拙》(1448-1517.20)が弟子になる。
1468年 伏見屋銭泡、珠光の元で全財産を使い果たして旅に出る。 46歳
    珠光、還俗して、村田珠光を名乗る。
1470年 金春禅竹(1405-1470)没す。 48歳
1471年8月 能阿弥、大和長谷寺にて没す。 49歳
1473年 曾我墨溪(1392-1473)没す。 51歳
    ・古市澄胤(1452-1508.22)が弟子になる。
    ・西福院(1451-1513.23)が弟子になる。
1474年9月 澄胤を連れて、飯道山の祭りに来る。風眼坊と出会う。 52歳
1474年10月 小野屋と共に、加賀本泉寺に行き、蓮如と出会う。
1476年 ・松本珠報(1427-1498.50)弟子となる。 54歳
1476年11月 将軍の室町殿が焼け、富子は義政のいる小河邸に入る。
1477年11月 応仁の乱終わる。 55歳
1478年 京に戻り、珠光庵に住む。珠報も供をする。 56歳
1479年 ・堺の天王寺屋津田源三郎《了専》(1459-1534.21)が弟子になる。 57歳
1481年 一休没す。 59歳
1482年2月 将軍義政、東山山荘の造営を始める。 60歳
1483年 ・堺の誉田屋宗宅(1462-1530.22)が弟子になる。 61歳
    ・堺の竹倉屋紹滴(1468-1529.16)が弟子になる。
1483年6月 将軍義政、東山山荘の常御所に移る。
1485年 前将軍義政、臨川寺三会院にて得度し、喜山道慶と称す。 60歳
    この日、義政は茶の湯の座敷から上段の間をなくす。
    『珠光の茶の湯完成する』
1490年 将軍義政没す。珠光は奈良の独炉庵に隠棲する。 68歳
    ・尊行院(1459-1527.32)が弟子になる。
    ・四郎《宗珠》(1470-1535.21)が弟子になる。
1493年 一休十三回忌に出席。 71歳
1502年5月 没す。独蘆軒南星珠光西堂 80歳


◇弟子
足利義政 津田宗柏(天王寺屋) 津田了専 志野宗信 石黒道提 篠道耳 誉田屋宗宅 尊行院 一路庵禅海 西福院 竹倉屋紹滴 松本珠報 牡丹花肖柏 古市澄胤 粟田口善法 鳥居引拙 村田宗珠 珠徳
PR
1421年 近江国に生まれる。 1歳
1448年6月 宗砌、宗匠職、連歌会所奉行に任じられる。 28歳    
1451年 この頃、宗砌に師事し連歌に専念。 31歳
1452年 この頃、相国寺を出て、東山近くの白川辺りに草庵を結び、古典、連歌の修行を積む。 32歳
1454年11月 宗砌、山名宗全と共に但馬に下国。宗祇も後を追う。 34歳
1455年1月16日 宗砌(74)但馬にて死す。 35歳
1455年4月 『宗砌句』の編集を終え、上京し専順に師事する。
1457年4月 能阿弥、宗匠となる。 37歳
1457年8月13日 師専順、惟仲、親慶、日晟、青阿、与阿、原春、久茂、正頼、光好、師敏らと『何路百韻』
1460年 この頃より、堺の宗友と交友。 40歳
1461年正月1日 専順の発句を起句にした独吟『何人百韻』 41歳
1461年9月23日 北畠被官章棟の発句を起句にした独吟『何人百韻』
1462年4月 専順らと連歌会に出る。 42歳
1463年3月 尾張国丹羽郡犬山郷政所にて『何舟百韻』独吟。 43歳
1463年5月下旬 『ささめごと』なる。
1464年正月1日 専順の発句を起句にした独吟『名所百韻』 44歳
1464年3月 安富盛長主催の『熊野千句』(発句心敬、専順、行助一座)に専順門として参加。
1465年正月16日 心教、実中、行助、元説、専順、士阮、宗怡、公範らと『何人百韻』 45歳
1465年4月16日 奈良に下向し、興福寺大乗院に尋尊を訪ねる。
1465年12月14日 細川勝元、元説、賢盛、通賢、心敬、専順、常安、行助、具忠、世縁、弥太郎、頼宣、光信らと『何船百韻』
1466年正月18日 北野会所月次連歌『何人百韻』に能阿弥(奉行)、賢盛、行助、専順らと同座。 46歳
1466年2月4日 心敬、行助、専順、英仲、元用、弘仲、量阿、清林、宗怡、紹永、士阮、能通、慶俊、政泰、与阿、弘玄、常広らと『何人百韻』
1466年閏2月20日 吉野の花一見の帰途、奈良に寄り、尋尊に対面。
1466年4月以前 細川勝元、盛長、心敬、道賢、行助、賢秀、専順、常安、通賢、元説、宗怡、頼宣、元綱、幸綱、元次、能範らと『熊野法楽千句』
1466年6月 関東に下向。
1466年7月 駿河府中の今川義忠を訪ね、8月、清見潟に月を眺めて連歌一折。五条安次郎(宗長)と初めて一座。
1466年7月16日 『行助句集』なる。
1466年9月 相模より北上、武蔵越生の太田道真の山家を訪ね、月末に武蔵五十子の陣に着く。
1466年10月 武蔵国五十子の新田家純の陣所にて長尾孫六(景忠?)に指南書、『藻塩草(長六文)』を送り、太田道真、道灌父子の保護を受け、連歌を指導。
1467年3月 長尾孫四郎(景春?)にあて連歌指導書『吾妻問答』なる。 47歳
1467年7月末 心敬、『藤河題百首和歌』を詠み、相模大山に隠棲。
1468年秋 結城氏の招請に日光、白河へ旅立ち『白河紀行』を著す。48歳
1468年10月22日 白川関にて、尹盛、牧林、穆翁、旬阿らと『百韻』
1469年秋 上洛。 49歳
第1夫人、如了  (伊勢下総守平貞房の娘) 1424-1455.11(32)

1男 順如光助 (河内国出口光善寺開山)酒好き 1442-1483.5.24(42)
1女 如慶 (京都常楽寺蓮覚光信の室) 1446-1471(26)
2男 蓮乗兼鎮 (越中国井波瑞泉寺、加賀国若松本泉寺兼帯) 1446-1504.2.21(59)
2女 見玉 (京都摂受庵見秀尼弟子、浄花院流相伝)禅宗→真宗 1448-1472.8.14(25)
3男 蓮綱兼祐 (加賀国波佐谷松岡寺、同山内鮎蔵坊開山) 1450-1531.10.18(82)
3女 寿尊 (摂受庵見秀弟子→摂津国富田教行寺住) 1453-1516(64)
4男 蓮誓康兼 (加賀国滝野坊、九谷坊開山、山田光教寺、越中中田坊開基、光闡坊) 1455-1521.8.7(67)



第2夫人、蓮祐  (如了の妹、1457年、蓮如の妻となる) 1438-1470.12(33)

5男 実如光兼 (第9代本願寺法主) 1458-1525(68)
4女 妙宗 (知恩院長老椿性禅尼弟子、左京大夫、義政妾) 1459-1537(79)
5女 妙意 (12歳死亡) 1460-1471(12)
6女 如空 (越前国大谷興行寺蓮助兼孝の妻) 1462-1492(31)
7女 祐心 (白川家神祇伯前従三位資氏王の室) 1463-1490(28)
6男 蓮淳兼誉 (大津顕証寺、河内久宝寺村顕証寺、伊勢国長島願証寺開基) 1464-1550.8.18(87)
8女 了忍 (7歳死亡) 1466-1472(7)
9女 了如 (越中国井波瑞泉寺蓮欽の妾) 1467-1541(75)
7男 蓮悟兼縁 (加賀国崎田坊、中頭坊、清沢坊開山、若松本泉寺住) 1468-1543.7.18(76)
10女 祐心 (中山前中納言宣親の室、同康親、重親等の母、顕如の祖母) 1469-1540(72)



第3夫人、如勝  (京都に住むが応仁の乱で焼け出され、家も身内を無くして門徒となり、吉崎に来る。1473年、蓮如の妻になる) 1448-1478.8.17(31)

11女 妙勝 (山城国三栖住勝林坊勝恵の妾) 1477-1500(24)



第4夫人、宗如 (前参議姉小路基綱の娘。1481年、蓮如の妻となる)   -1484

12女 蓮周 (越前国超勝寺蓮超の妻) 1482-1503(22)
8男 蓮芸兼琇 (摂津国富田教行寺、名塩教行寺) 1484-1523(40)



第5夫人、蓮能 (畠山政栄の娘、畠山家俊の双子の姉。1486年、蓮如の妻となる) 1465-1518(54)

13女 妙祐 (勝林坊勝恵の妻) 1487-1512(26)
9男 実賢兼照 (近江国堅田称徳寺住。蓮誓の娘、妙慶を妻とす) 1490-1523(34)
10男 実悟兼俊 (河内国古橋願得寺住。蓮誓の娘、了忍を妻とす) 1492-1583.11.25(92)
11男 実順兼性 (河内久宝寺村顕証寺。蓮淳の4女妙祐を妻とす) 1494-1518(25)
12男 実孝兼継 (大和国飯貝本善寺) 1495-1553(59)
14女 妙宗 (京都常楽寺実乗光恵の室) 1497-1518(22)
13男 実従兼従 (河内枚方順興寺) 1498-1564.6.1(67)
富樫氏
 

1291年 大乗寺、永平寺3代徹通義介によって野々市に開山(曹洞宗)。
1335年 富樫高家、加賀守護職となる。
1345年 富樫氏春、富樫新庄入手。
1352年 富樫氏春、山代庄二分地頭職を得る。
1354年 富樫氏春、山上郷、越中野尻庄の地頭職を得る。
1360年 この頃、幼い竹童を補佐した守護代は富樫対馬守用家(庶流の額氏)。
1372年 竹童、上洛し、祇園社の前に邸宅を構えて幕府に出仕する。昌家と名乗る。昌家、大野庄に停泊する商船に公事を課すが幕府より禁止される。昌家は分国支配を守護代、英田次郎四郎に任せ、自らは将軍義満に近侍する。
1387年 4月、昌家死す。加賀守護職は管領斯波義将の弟、義種に与えられる。
1414年 斯波義種、将軍義持の怒りに触れ失脚し、富樫家の庶流満成、北加賀守護となる。南守護は富樫の嫡流の満春(昌家の甥)。
1418年 満成失脚。翌年誅殺される。満春、加賀一国の守護となる。北加賀の守護代は山川筑後守家之、南加賀の守護代は二宮信濃入道。
1427年 満春死す。嫡子持春(1413-1433)が継ぐ。京の屋敷は三条坊門にあり。分国支配は守護代の山川筑後守。
1433年 閏7月、持春は21歳で亡くなり嫡子がなく、弟の刑部大輔教家が家督を継ぐ。教家の守護代は本折但馬入道。
1441年 6月18日、教家、将軍義教の突然の怒りをふれ、守護の座を追われ蓄電する。管領細川持之は教家の弟、泰高に跡を継がせる。6月24日、守護義教、赤松満祐に殺される。 管領細川持之は、動揺した人心の安定をはかるため、義教に追放された人々の復帰という方策を取り、教家は守護職返還を要求し、これを畠山持国が加勢した。ただちに、教家は本折入道親子を加賀に打ち入らせる。これに対し、細川持之は泰高の守護代山川筑後守に、合力するよう摂津満親に指示する。
1442年 畠山持国が管領となり、教家の嫡子成春に加賀守護職が与えられる。
1443年 2月、ついに合戦となり、泰高の守護代山川筑後守が京に敗走する。筑後守は畠山持国を襲撃しようとするが失敗に終わり、切腹する。




富樫泰高(1422-1505)の略歴
 
 ・京都→周防山口→能美郡御幸塚城→野々市。雪舟と交流あり、馬を好んで書く。

1441年 6月、富樫教家、将軍義教の突然の怒りにふれ、守護の座を追われて蓄電する。 醍醐寺三宝院の喝食だった教家の幼弟慶千代、管領細川持之を烏帽子親として還俗して、富樫家を継ぐ(20)。6日後に将軍義教が赤松満祐に殺される。
1442年 2月、守護代の山川筑後守(1388-1442,55)切腹。嫡男近江守(1408-1469,35)継ぐ。
1445年 馬借を従えた教家方一味、泰高邸を乱入する。 細川勝元が管領となって泰高を支援。泰高も加賀に入部し、教家を越中に追う。
1447年 泰高は南加賀の守護、教家は北加賀守護となる。泰高、雪舟(1420-1506)と出会う。
1464年 隠居する(43)。
1467年 応仁の乱。京を出て、加賀能美郡御幸塚に屋敷を建てる。
1472年 幸千代が攻めて来たので、越前に逃げる。
1475年 春、野々市に移る。周防山口まで旅して雪舟と再会する。
1488年 本願寺方の総大将となる。




富樫政親(1455-1488)の略歴
 
1455年 京の富樫屋敷で生まれる。
1458年 父成春、北加賀守護職を奪われる。 成春の守護代本折越前守、泰高の守護代山川三河守に越中に追いやられる。 8月、赤松家、北加賀の守護となり、加賀に入る。槻橋豊前守、抵抗する。
1462年 父、成春、亡命中に死す(30)。
1464年 8月、泰高(43)隠居し鶴童丸(政親、10)に家督を譲る。槻橋近江守、政親に仕える。
1467年 応仁の乱。政親、東軍となる。13歳 赤松勢、加賀から去り、反赤松、政親党は幸千代を立てて西軍となる。 幸千代に付いた長坂九郎右衛門が守護代槻橋豊前守に殺される。
1471年 6月、越前の朝倉が寝返ったため、政親、初めて領国の加賀に赴く。17歳。
1472年 3月、政親、桜の満開の頃、桜の花の下で、笛を吹くお雪と会う。 4月、お雪、政親の側室となる。 8月、甲斐、朝倉に敗れ、加賀の幸千代と合体する。 9月、政親、軽海の守護所を追われ、山之内別宮城に退く。 1473年 7月、幸千代、山之内の政親を攻撃。政親、敗れ、越前一乗谷に逃げる。
1474年 6月、加賀に入り、本願寺と共に幸千代を攻める。 10月、政親、勝利して野々市の守護所に入る。 1475年 9月、高尾の新屋敷に移る。
1481年 高尾城内に大明寺を建立。
1488年 6月、政親、本願寺に滅ぼされる。
1416年、上杉禅秀の乱。
1438年10月、永享の乱。鎌倉公方持氏、幕府軍の殺される。
1440年、結城合戦。上野の岩松持国、舞木氏が持氏の遺児の擁立の中心となる。
1441年、将軍義教、赤松満祐に殺される。
1448年、成氏、鎌倉公方となる。
1454年12月、享徳の乱。鎌倉公方成氏、管領の上杉憲忠を鎌倉西御門第にて殺す。
1455年1月、上杉勢、分倍河原にて成氏勢に敗れる。
      犬懸上杉憲顕、扇谷上杉顕房戦死(相模守護)。
1455年3月14日、上州一揆の多数は上杉方に寝返る。
1455年3月24日、岩松持国、茂呂に陣を敷き、小柴刑部左衛門を討ち取り、那波掃部助を追い払う。
1455年4月6日、成氏、那波富塚城を攻め、上州一揆の小柴刑部左衛門尉を討ち取る。
1455年閏4月、上杉勢、常陸小栗城の合戦にも敗れる。
1455年6月16日、幕府軍の今川範忠、鎌倉を攻略。鎌倉は灰燼と化す。世良田氏滅亡。
1455年12月3日、須賀合戦。横瀬良順(貞国)戦死。
1456年2月26日、深津(粕川村)の合戦で、赤堀時綱、孫三郎兄弟討ち死に。
      成氏方の岩松持国、大胡、山上などで、上杉方と戦う。
1456年9月、岩松持国、武蔵岡部原で上杉憲信と戦う。
1457年4月8日、太田道灌、江戸城を築く。
1457年7月、将軍義政、弟を還俗させ、政知と名乗らせる。
1457年12月19日、政知、左馬頭に任じられ、24日、渋川義鏡と共に京都を出陣し、近江大津園城寺まで進み越年する。
1458年4月、政知、関東に下向。岩松家純も下向。
1458年9月、岩松家純の家臣横瀬国繁によって、岩松持国、幕府(上杉)方に寝返る。
1459年10月14日、武蔵太田庄にて、成氏軍と上杉軍合戦。上杉方の敗北。
      この頃、五十子の陣構えられる。東西200m、南北150mの単郭。
1460年1月、今川範忠、鎌倉から退去する。
1461年、岩松持国父子、誅殺される。
1461年10月、政知の執事、犬懸上杉教朝の自害。
1462年12月、結城成朝(24)が家臣多賀谷氏に殺される。甥の氏広が継ぐ。
1463年8月26日、長尾景仲(76)死す。
1466年2月12日、上杉房顕(32)五十子陣中にて死す。越後の上杉房定の子顕定が継ぐ。
1466年11月、上杉方の上野守護代長尾但馬守景人、代官として足利庄の勧農城に入る。
      この頃、渋川義鏡、堀越を去り、武蔵蕨に陣を敷く。
1467年9月7日、扇谷上杉朝持(57)、河越城にて死す。顕房の子政真が継ぐ。
1468年10月、上州茂呂嶋(伊勢崎市)合戦。上杉方の勝利。
1469年8月、岩松家純が五十子陣より、新築の金山城に迎えられる。
1469年9月、上野綱取原で、上杉方と成氏方合戦。
1470年1月10日、太田道真、川越にて連歌会。
1471年4月、上杉軍、足利庄に入り、樺崎城、八椚城(栃木県足利市)、赤見城(佐野市)などを攻め落とし佐野氏を降ろす。
1471年5月、上杉軍、佐貫庄に入り、立林要害中城(館林城)、立林舞木城を攻め落とす。
       この頃、佐貫庄は舞木氏に代わって館林城の赤井氏が支配していた。
                 上杉方‥‥‥長尾左衛門尉景信、景春父子、長尾忠景、太田資長、
             豊島一族、大石氏、横瀬氏、善氏ら。
       成氏方‥‥‥赤井信濃入道(文三)、文六ら。
1471年6月24日、古河館を攻め落とす。成氏は千葉孝胤の元に逃げる。
1472年2月、成氏、那須氏、結城氏の助力により、古河に戻る。
1472年5月1日、上野守護代長尾景人死す。定景が継ぐ。
1473年1月21日、伊勢貞親(57)死す。
1473年6月23日、長尾景信(61)死す。弟の忠景、跡を継ぐ。
1473年11月24日、扇谷上杉政真(24)戦死。叔父の総社長尾定正が継ぐ。
1474年6月17日、太田道灌、『武州江戸歌合』を興行。
1475年2月6日、長尾定景死す。後を継いだ景人の子、景長が幼少のため、景人の弟、房清が後見となる。
1476年、長尾景春の乱。上州一揆旗本の長野為兼は景春方に付く。一揆は解体し、上杉氏、長尾氏の手兵と化す。
1476年6月、太田道灌、今川家の内紛を治めるため駿河に進攻。
1476年6月、景春は鉢形に城を築き、五十子陣を攻める。
1476年9月末、今川家の内紛治まる。
1477年1月18日、景春、五十子を襲撃する。上杉方は敗れ五十子の陣を払い退去する。
     上杉顕定は阿内(前橋市)、定正は細井口(前橋市)、定昌と越後勢は白井城に移って陣を構える。
     長尾景春に与同して蜂起した者は、武蔵石神井、練馬城に拠る豊島氏、相模小沢城による金子掃部助、景春被官の溝呂木氏(厚木市)、越後五郎四郎(大磯町)
1477年3月~4月に、太田資長に鎮圧される。
1477年5月、資長は、顕定らを再び、五十子に迎える。
1477年5月14日、上杉軍と成氏軍、武蔵国用土原(寄居町)で合戦。上杉方勝利。
      景春方の長野左衛門尉為兼戦死。上杉方の大石源左衛門尉戦死。
      景春は鉢形城に退く。
1477年7月、成氏、景春救援のため、結城、宇都宮、那須、佐々木などの兵を率いて、古河を発して上野に入り、瀧、島名(高崎市)に布陣する。この時、横瀬国繁の五百余騎の軍勢も加わる。岩松家純は、五十子退陣を契機に上杉方から離脱し、成氏方となっていた。これに対し、上杉方は再び、白井城まで退去防備を固めた。半年間、睨み合いが続く。
1477年9月27日、上杉軍、片貝に出陣するが戦にはならず。
1477年10月2日、成氏方の長尾景春らが、資長の荒巻(前橋市)、引田(富士見村)などの陣所に押し寄せて来たが小競り合いで終わる。
1477年12月23日、成氏は和田(高崎市)に進み、翌日、観音寺原(群馬町)に陣を取り、白井城に迫る。上杉勢も27日に白井を出て漆原(吉岡村)から広馬場(榛東村)へ向かい、両軍はここで対峙する。その日、大雪が降り、決戦は中止され、事態は急速に和睦の方向に向かう。
カウンター
ランキング
ブログ内検索
プロフィール
HN:
酔雲
HP:
性別:
男性
自己紹介:
歴史小説を書いています。
酔雲の著書












最新コメント
[11/16 tomo]
[11/05 上田義久]
[06/07 アメリカ留学]
[06/05 アメリカ留学]
[09/05 magazinn55]
[09/01 松戸悪人退治連盟]
[08/22 信楽人]
[08/22 酔雲]
[08/22 信楽人]
[08/22 信楽人]
最新トラックバック
バーコード
楽天市場
陰の流れのショッピング


アクセス解析
Copyright © 長編歴史小説 陰の流れ~愛洲移香斎 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by ラッチェ Template by Kaie
忍者ブログ [PR]